営業 辛い

営業 辛い

ルート営業やセールス営業の外回りは辛い?

営業をやっていて、転職をしようかどうか悩んでいる人は、とても多いです。些細な事でも、一度気になってしまうと色々考えてしまい、心配事が増えるばかりですからね。

よく、ルート営業に疲れたという話は良く聞きます。やりがいのある仕事ですが、責任感が伴い、人間関係もいろいろ大変な仕事だと思います。

そんな営業職から内勤や違った営業職、もしくは、楽な営業職に転職して、ちょっとだけ環境を変えてみると状況が良くなることってあります。私が仕事上の悩みを解決するのにおすすめしているのは、転職エージェントさんに相談して自分のやりたいことや、今後の道を決めるということです。

<営業・セールスが辛い>現状に不満を打破するために転職

営業の転職で使える転職エージェントランキング

マイナビエージェント

2位

求人数 非公開の求人数 得意な業種
約3,000件 約18,000件 IT系・営業職
<営業・セールスが辛い>現状に不満を打破するために転職

口コミでの評判も高く20代〜30代の転職者から絶大な支持がある

業界や職種の経験者がキャリアアドバイザーをやっている

営業、エンジニア、女性の転職に強い

マイナビエージェントは、持っている求人の数でいうと一番多いと思います。またその中に、独占の求人もあるので、あまり一般には知られていない求人に出会える可能性もありますね。面接対策も丁寧なので、登録しておきた転職サイトです。

<営業・セールスが辛い>現状に不満を打破するために転職

JACリクルートメント

2位

求人数 非公開の求人数 得意な業種
約2,300 約8,500 あらゆる業種
<営業・セールスが辛い>現状に不満を打破するために転職

営業以外にも経理や管理系の分野にも強い

関西での求人に強く、求人数が多い

世界8か国にきょてを持っていて外資にも強い

ジェイエーシーリクルートメントは、本気で転職を考えている人にぴったりの転職エージェントです。エージェントに登録するとはじめにコンサルタントさんとの面接があります。コンサルタントさんは、やさしい方ばかりで、いろいろと相談にのってもらえると思います。面接後に転職先のリストなどもいただけます。面談後は、マイページでやりとりをしていくので仕事をしている場合でも負担はありません。

<営業・セールスが辛い>現状に不満を打破するために転職

@type

3位

求人数 非公開の求人数 得意な業種
約500件 約18,000件 IT系・外資系
<営業・セールスが辛い>現状に不満を打破するために転職

転職した人の7割以上が年収アップしている実績がある

キャリアアドバイザーの9割が転職経験者なのでアドバイスが的確

東京、神奈川、埼玉、千葉に強い

アットタイプは、首都圏((東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)の転職に強いサイトです。これから急成長するであろうベンチャーや、外資系のコンサルファーム、スマホアプリなどのソーシャルゲーム開発などを得意とする企業がそろっています。勤務地は主に東京の会社が多いので、首都圏で転職を考えている人におすすめです。

<営業・セールスが辛い>現状に不満を打破するために転職

営業の転職にはマイナビがlおすすめの理由


マイナビエージェントの営業職の転職は、マンツーマンで親身に相談に乗ってくれることで有名です。首都圏の営業職の転職で一番信頼できる転職エージェントです^^ 親身に相談に乗ってくれるだけじゃなく、一般には公開されていない非公開も多いですし、いいにくい条件の交渉などもしっかり行ってくれるコンサルタントさんが多数いるのが特徴です。大手の広告代理店や医療系メーカー、ポータルサイト、機械メーカー、人材派遣会社などに転職して年収をアップしている実績も多数あって信頼できます。



マイナビ転職エージェントのメリット


離職率や人間関係など面接で聞きにくい情報を聞ける

転職先の会社の雰囲気は、入社してからでないとわからないことが多いですよね。そんな時は、転職エージェントにあれこれ雰囲気を聞いてみるのが良いです。転職エージェントは、あらかじめ、転職先の会社とコネを持っている事が多いので内情もしっかり聞くことができます。

入社前の給与条件などの交渉も代わりにしてくれる

面接で言いにくいのが給与の事。面接で話が弾むとなかなか切り出せないことが多いです。そんな時のために転職エージェントさんにあらかじめ給与について条件交渉してもらっておくと給与などの待遇について不安がなくなります。

非公開の求人情報を教えてくれる

非公開求人は、普段ネット上には、公開されません。また時期によってもでてくる求人情報が違うので、転職するときには、エージェントさんに自分が進みたい業界や職種の非公開求人をゲットしておくのが吉です。なかには、かなりの好条件の企業や名前を隠している大手企業などの非公開情報もあります。



転職のきっかけ

以前は、接客をしていました。転職のきっかけは、もっと稼ぎたいというのと、生命保険の営業のように新規とルート営業が組み合わさってるものから入っていこうかなと思い、転職エージェントに相談をしてみました。転職エージェントさんいわく、卸や部品販売のルート営業メインで少し新規顧客の開拓があるものでもいいんじゃないかといってくれたので、そっちのほうが気が楽だなと思い、いくつか会社を探してもらいました。すでに転職した同僚に聞いた所、転職エージェントにも当たり外れがあると聞いていましたが、自分を担当してくれた転職エージェントさんは、物腰もやわらかく、親身に相談にのってくれる人でしたね。私が希望していたルート営業の採用担当とも中が良く面識があったようで、よくある質問もQA形式で書類にまとめてくれましたし、そのおかげか面接の結果もトントン拍子で進んだように思います。私が使ったことのある信頼出来る転職エージェントがいるサイトを載せておきますのでよければ参考にしてください。

営業の新規開拓エピソード

新規の開拓営業はとても骨が折れるものです。大変だけどその分、華があるので、会社の仲間からは、便りにされることも多いと思います。ただ、精神的にきついということもあり、だいたい4,5年でモチベーションが下がってくるのがほとんどなんですね。私もベンチャーの小さい会社で新規開拓の営業を5年ぐらいやっていて、サプリメントを販売していたのですが、アレってお客さんに買ってもらった跡になぜか罪悪感見たいのが残っていたんですよね。そんな悩みを持っている。しかも、残業代もないことになってましたし、休日もありません。会社や上司、社長のサポートもなくただこき使われるだけ。そんな毎日に嫌気が差して、精神的に限界がきてしまったんです・・・。そこで、意を決してルート営業にしてくれないかと社長にお願いした所、お前には向いてないのつるの一言で片付けられてしまいました。そんなこともあり、新規開拓営業からルート営業への転職を考えました。ポストでいうと、課長への出世もあったのですが、出世よりも、自分の人生をメインに行きたいという思いが強かったのもあります。とはいえ、私の場合、ルート営業は未経験だったので適正があるかどうかもわかりませんでした。 非公開求人